作家 :大住秩詞子

2015ニットフェスタより”楽しくニット!”

子供のころ母が編んでくれたセーターはいつでも「素敵ね!!」と言ってもらえたものでした。
その時の記憶は今でも心弾む想い、それが原点となり編み物の世界に入る。
糸からデザインをイメージする時、デザインから糸を選ぶ時、どちらも至福の時間。
シンプルな中にさりげなくポイントを持たせた作品が得意。
出かけるときはお気に入りの一点を身につける。
自分が自分らしく表現できる瞬間なのかも。

現在はJACA理事、編み物講師として後進の指導にもあたっている。

この作家の作品

※画像クリックで拡大します。

2013ニットフェスタより“光の色を知る”2014ニットフェスタより“過去と未来と千鳥格子”2014ニットフェスタより“過去と未来と千鳥格子”2015ニットフェスタより”楽しくニット!”2015ニットフェスタより”楽しくニット!”2015ニットフェスタより”セピア色の写真館から”

刺しゅう作家一覧へ編み物作家一覧へ手芸・趣味の先生一覧へ

このページの一番上にもどる