:アンティークレースの波間幸井先生

文化服装学園に於いて永年服飾の分野で後進の指導をされ、現在は非常勤講師として精力的に活動されています。
著書も数多く、多数の著作活動と共に、特にマジックレースの研究には力を注ぎ特許を取得。
JACAの刺しゅう・編み物指導者研修科では「手芸の歴史」を担当されている先生ですが、ヨーロッパに古くから伝えられてきたレース工芸を実演を交えた講義で直接ご指導いただけることは嬉しい限りです。

先生から「多くの方々に手のぬくもりを通じて古代の人々が願いをこめて考え、工夫してきたものを伝え、そして今、私達が共に喜びを共有し、さらに一工夫した新しい形で生活の潤いを高めながら時代を超えて伝えられることが出来れば幸いです。」とのメッセージを寄せいて頂いています。


刺しゅう作家一覧へ編み物作家一覧へ手芸・趣味の先生一覧へ

このページの一番上にもどる