作家 :駒澤 美加

刺しゅう作家 駒澤美加

小さな美術館で10年ほど働き、何か創ることがしたくて欧風刺しゅうを始める。
作品にはかなりの頻度で生き物たちが登場する。
なぜなら、小さい頃から家では猫、鳥、亀、金魚らに囲まれ、学校ではウサギ、アヒル、鶏etc・・・万年飼育係の子供時代を送る。
毎日使うバッグやポーチに大好きな動物たちが登場すると幸せな気分!
「さて次の作品にはだれを登場させようかな」とデジカメ片手に街を散策しながらデザインを考える日々。
現在東城祥子先生に師事し、様々な刺繍との出会いを楽しみながら技術と感性に磨きをかけている。
「はじめての手作りスモッキング」「可愛いハンガリー刺しゅう」に作品を発表。
キャットストリートギャラリー運営

この作家の作品

※画像クリックで拡大します。

駒澤美加作品:カロチャの花駒澤美加作品:カロチャのクッション駒澤美加作品:はりねずみ・森のサンプラーより駒澤美加作品:モモンガのハンドバッグ駒澤美加作品:姫つるそばと雀のソーイングボックス駒澤美加作品:夜の森

刺しゅう作家一覧へ編み物作家一覧へ手芸・趣味の先生一覧へ

このページの一番上にもどる