第11回修了・卒業作品展を開催しました   (2008.03.30)

糸と針と人の集い

平成19年度修了・卒業式が3月30日浅草公会堂で行われました。
その前々日の28日、29日に作品展が行われ、刺しゅう・編み物の本科、専攻科、指導者研修科の皆さんの作品が展示されました。

どの作品もじっくり基礎を学んだ上でのオリジナル作品なので、技術的にもしっかりしている上、皆さんの発想が豊かなので、とても楽しい作品になっていました。
そのほか、「日本刺繍」クラスでは帯、半襟、袋物、額など、刺しゅう「自由クラス」では技とアイデアいっぱいの素敵な作品が展示されました。
編み物では「機械編み」クラス、50歳以上の方々の「手編みの輪」の仲間たちも自信作をお披露目しました。
又長年編み物暦10年以上の「手編み研究科」の方々の作品はさすがレベルの高さを感じさせる作品でした。
今回は3歳から12歳の児童絵画クラスの子供たちも絵を発表しました。画用紙いっぱいにかかれた作品はのびやかでしっかりとしていて、見ていた方たちからもお褒めの言葉を頂きました。

どの作品も汗と涙と笑いの中から生まれた作品ばかりです。
これからも更にステップアップして、楽しく手作りして下さい。

一年後を楽しみに・・・

<<  2008JACAニットフェスタを開催しました   |  一覧に戻る  |   2007JACA創作ニット展を開催しました  >>

このページの一番上にもどる