第19回JACA手工芸作品展示会が開催されました。   (2016.02.13)

第19回JACA手工芸作品展示会*第19回JACA手工芸作品展示会*

 

上野桜木で、まさに桜が満開の中、「第19JACA手工芸作品展示会」

「刺しゅう・手編み・タティングレース修了・卒業式」が行われました。

刺繍・編み物・タティングレースを学び、所定のカリキュラムを修了・卒業した皆様の作品と、

自由刺しゅう・白糸刺繍・カナリア刺繍・手編み・機械編み・レース・カルトナージュなど

各クラスの皆さんの作品が日展新会館の会場に花を咲かせました。

桜見物のお客様も気軽に会場にお入り頂き、200点余りの手芸作品をじっくりご覧頂きました。

どの手仕事を取ってみても時間のかかる作業の連続ですが、その一コマ一コマの連続が、

いつの日か完成され、多くの方々を魅了し、又自分自身も達成感を味わいます。

しかし、完成作品すべてが100%満足できたとは言えず、必ず次への課題を見つけていることでしょう。

そして、次回はもっと満足できるものをと、意欲をもって学んでいきます。

JACAでは、同じ趣味を志す仲間と、楽しみながら手作りの文化を伝えていきたいと考えています。

見付けの作品刺しゅう作品1刺しゅう作品2手編み作品1濱中礼子先生コーナー刺しゅう作品3アンティークレース作品1タティングレース作品1

<<  2016秋冬東京手あみコレクション 第一部きものニットリメイクコンテスト結果発表!!   |  一覧に戻る  |   2015JACA創作ニット展が開催されました。  >>

このページの一番上にもどる