亀山 実希

亀山 実希

大学院在学中に刺繍に出会う。研修先のイギリスで人々の暮らしにふれ、文化の大切さを知る。
その後前田愛が提唱したテクスト論を参考に論文を書き、修士課程(日本文学)を修了。
北欧刺繍のハーダンガーの作品作りをしている。

この作家の作品

※画像クリックで拡大します。

お問い合わせ